<<<修理・メンテナンスについて   パールの仕入れについて>>>

人間と同様、真珠を生み出す貝には、1つ1つに個性があります。貝の配合も、一年ごとに改良されており、全く同じ配合は行うことが出来ません。それゆえに、出来上がった真珠の1つ、1つに特徴があります。ですので、まったく同じ真珠は世界にひとつとしてありません。

 

その真珠の価値を決める要素は6つあります。大きさ(サイズ)、色(カラー)、光沢(テリ)、巻き、形、キズです。評価をする上で、基本的には、丸くてキズが少なく、光沢(テリ)のある真珠が、最も希少性が高く、高価なものとなります。

 

サイズ
基本的に同じ品質の真珠であれば、サイズが大きくなるにつれ価値が上がり、価格も高くなっていきます。サイズは、珠の直径をmm(ミリ)で表示しています。表記は、ネックレスの場合、センターの珠(一番大きい珠)の最小値とスソの珠(一番小さい珠)の最小値を計ります。バロックネックレスはどちらも最大値を計ります。この他、ネックレスの長さを表す単位は、インチ(inch)表示となっています。

リング、ペンダント、イヤリング・ピアスなどの1ヶ珠の製品の場合は、その珠の最小値を計ります。

 

カラー

真珠と聞くとアコヤ真珠を一番最初に想像されるかと思います。また、アコヤ真珠はホワイトあるいはピンクというイメージが強いと思います。しかし、貝から生み出される真珠の色は、貝の種類によって異なります。また、同じ品種の貝から生み出される真珠でも、実は微妙に異なる色の真珠が生まれます。色は母貝よりも核入れと同タイミングで挿入される外套膜(ピース)により影響されると言われています。このピースが元となり、核に付着し、真珠層を形成します。この真珠層はナノミクロ単位で形成されるのですが、どの色素が強いか(実はピースの厚さで変わってきます。例えば、ピースが厚い方からレッド系→グリーン系→ブルー系→パープル系の順に薄くなっていきます。)で実際に出来上がる真珠に色の差が出てきます。どの色が好きかは人の好みによってさまざまですが、一般的な人気色はアコヤ真珠の場合、ピンク系、白蝶真珠はホワイトピンクとゴールド、黒蝶真珠はピーコックカラー(グリーンブラック系色)の人気が高くなっています。

 

計算式は2dn+cosQ=真珠の色・テリ

 

dは厚み、nは屈折率、cosQは見る角度です。真珠層の屈折率は1.4前後と決まっています。見る角度は球体のため、この数値はありません。ですので、色・テリが決まるのは、ピースの厚みのみです。もちろん、自然の環境の変化もありますが。

 

テリ
光沢は「テリ」とも呼ばれ、真珠の輝きをあらわしています。真珠は自然界に存在する唯一の3次元で色テリ感を持つものと言われています。主成分である炭酸カルシウムがナノミクロ単位で均一に積み重ねられ、真珠層を形成し、表面が滑らかな真珠は光沢が出ます。光沢は下記の「巻き」とも関係し、巻きの厚い真珠の方が、より光沢が出やすくなるという傾向があります。ただ、マキが厚い=テリが良いと断定することもできません。光沢(テリ)は、表面のきらきらしたものではなく、奥の方から深みのある輝きを放つものが良質とされています。光沢のある真珠は、イミテーションでは得られない真珠独特のやわらかい輝きを放っています。

 

マキ

真珠層の巻き厚のことですが、肉眼で巻きの厚さを識別するには長い経験が必要です。一般の方が店頭で巻きの厚さを識別するのは困難と言えます。しかし、このマキ厚が真珠の価値を計るのに最も重要な要素です。科学的にマキを解明すると100ミクロンで0.1mmのマキ厚になります。一般的にマキの厚さを識別し、その厚いものを選ぶ方法は、巻きが厚い方が深い光沢を生みますので、きらきらした表面上の上テリではなく、奥の方から深みのある吸い込まれるような輝きを放っている真珠を選ぶことです。

 

カタチ

形は丸く真円に近いものほど良質とされていますが、丸い真珠以外にもオーバル形、しずく形のドロップ、三角形のトライアングル、ボタンのような形をしたボタン形などユニークな形のものがあります。また、形の崩れた不定形のものはバロックと言います。バロックは、形が独特でまさに世界でその1粒しかない真珠と言えるでしょう。バロック形の真珠は、バロック真珠と呼ばれ、ヨーロッパなどで根強い人気があります。また、ケシパールと呼ばれているものもあります。養殖される段階で異物が混入し、身を守るためその異物を吐き出します。そして、その異物が核となり、たまたま真珠の袋が形成され、真珠層が出来上がるとケシパールになります。ですので、核は入っていません。養殖の過程で作られた真珠ですので、天然真珠とは違います。

 

キズ
キズの少ない真珠は希少性が高くなり、価格も高価になります。一般的には、マキ厚が薄いほどキズは深くありません。また、テリが薄いほどキズは深くありません。反対に、マキ厚が厚く、テリが深いものになると、キズが大きくなる傾向にあります。ただ、真珠は自然の産物なので、真珠層が形成される過程でどうしても天然のキズができてしまいます。